性病の薬について考える女性

怖い性病を治す薬は、使う部位によってさまざまな種類が存在します。また、症状によっても変わってきます。正しい薬を使用しなければ治らないばかりか、症状が悪化する事もあります。

顔に出る性病の症状と無性病のリスク

顔に出る性病の症状としては特徴的な赤い発疹がありますが、この症状はニキビとは異なっていて、顔の中心部分に集中してできるので、皮膚科を受診するとすぐに性病による発疹であると判明します。検査を行うことで原因菌を特定するとそれを死滅させるための抗生物質が投与されるのですが、2回程度服用するだけで効果があるので、治療をすると赤い発疹はすぐに消失します。同時に発熱をする場合も多いので、内科を受診する場合がありますが、基本的には皮膚科や性病科、婦人科などを受診する必要があります。感染に関してはセックスによるものが一番多いのですが、粘膜が接触することで起きるので、セックスをした後に目を触ると細菌性の結膜炎を起こしたりするので、衛生状態が悪い国では入浴時に目やのどなどに感染することもあります。治療は1週間程度で完了しますが、症状が治らない場合は耐性菌の可能性が高いので、違うタイプの抗生物質を服用する必要があります。耐性菌は専用の抗生物質が効かないので、重症化するリスクも高いとされていて、放置していると感染が拡がるので、早めに検査を受けて適切な治療をする必要があります。無性病は精子が少ないためにセックスをしても妊娠できない病気で、先天性のものや、病気が原因で精子が作られないものもありますが、治療方法が確立されていないので、不妊治療をパートナーと共に受けて、医師の指導にしたがって生活改善などを行う必要があります。他人の精子を使った人工授精も選択肢としてありますが、精子が作られるように手術を行う方法もあるので、年齢や体力などを考慮して医師と相談をして治療方針を決める必要があります。基本的には原因を特定するのが困難なので、手術を行っても精子が作られない可能性もあります。